Life Reversal Gaming.の想い

ゲームを通じて
世界中の多様な人々と繋がり、

ゲームの未知なる可能性を見出し
社会にとってプラスとなる

新たなる価値創りに挑戦します。


それが『 Life Reversal Gaming. 』です。

 

 

 

IDENTITY

弊社取締役 NOBUOは、18歳の時に難病である「線維筋痛症」を発症。
以来10年以上に渡り、闘病生活を送りながらゲーミング活動を続けています。

2017年には『マリオカート』でYouTube配信を開始。
すると「病気と闘う姿に感動しました」「頑張るきっかけをもらった」
といった応援メッセージが届くように。

そこで、難病に向き合うリアルな姿が、誰かの励みになることに気づいたのです。

 

“ゲームがあったからこそ

  ここに立てている、 生かされている。

 

ゲームは単なる娯楽ではない。
人と人が繋がるコミュニケーションツールであり、
時には人を勇気づけられるものだと確信しました。

ゲームには、今は想像もできない、思いもよらない価値がある。

我々は「人×ゲーム」の未知なる可能性を信じています。